ALSA Project Worldwide Legal Professionals


グローバル化と法曹の変化

~ Worldwide Legal Professionals (WLP)へのおさそい ~

Glocalization and the Transforming Legal Profession (EN); 全球在地化與銳變中的法律專業(TCN); 글로칼리제이션 (“Glocalization”)과  법률 분야의 변화 (KR)

By Yen-Chia Chen & Hiroo Suzuki

July 18, 2011

あなたはグローカル?

 

新しい時代に求められる変化

            法曹とは国や地域に特化したものというのが、世間の共通認識でした。国や地域によって法律は異なるため、法曹は今まで、物理的に限られた範囲でのサービスだけをしていればよかったのです。しかし、グローバル化の波がその状況を変えつつあります。グローバル化によって開かれた人類の新しい時代は、法曹に対して大きな変化を求めているのです。

 

グローバルな視点、ローカルな思考

            グローバル化が世界の法曹たちに求めているその変化とは「グローカル化」です。これはグローバル化とローカル化を組み合わせた考え方で、お互いの考え方を補い合うものです。「グローカル化」が法曹に求めるのは、「ローカルに行動」し、「グローバルに考える」ことです。法とは国や地域の文化やその他さまざまな要素を反映したものなので、地域のコミュニティーのことを考えないことには、法を十分に理解することはできません。一方、今日のグローバル化の波により、法曹は、小さなコミュニティーに対する視点だけでなく、さらに大きな枠組みで物事を考えることが要求されています。このように、「グローカル化」は、法曹が持つ地域に密着した法律の知識や経験を、グローバルな視点とローカルな思考を通じて、今の時代に適合させていこうという考え方なのです。

 

法曹の変化  

            21世紀に入って以降、今日の法曹は大きな変貌を遂げました。世界の法律家たちは、グローカル化の流れの中で法律専門家としての変化をともなう発展を経験しています。

国境を越えたビジネス取引では、法曹は依頼人の居場所を問わず、法的アドバイスを求められます。裁判官は国内管轄以外の法的問題が関わっている事件の解決を求められることもあるでしょう。検察官は複数の管轄区内で犯罪を犯した人々を立件することもあるでしょう。法学の教授は世界各国、複数の管轄区内に跨った先進的な法律問題を頻繁に研究します。今日のグローカル化のために、次世代の法曹は新しい世紀に増えていくであろう変化と問題に対応できるよう、準備する必要があります。

 

次世代のためのプロジェクト  

            アジア法学生会(ALSA: Asian Law Students Association)が立ち上げた新しいプロジェクト、WLP(Worldwide Legal Professionals)についてお知らせできることを光栄に思います。 私たちは世界中、さまざまな地域の法律家たちにインタビューを行います。このプロジェクトでインタビューを受ける法律家たちは皆、さまざまなバックグラウンドや多文化経験を持ち、法律家として大きな業績を上げた人々です。中には、複数の国で法学を学び、世界的に有名な一流のロースクールの学位を取得した人々もいます。

また中には、複数の地域で弁護士資格を持つ人もいます。彼らとの交流で我々は、教育やキャリアアップのためのプラン、人生における困難とその克服法、法律家として仕事を行った中で一番大切な経験、法曹のグローカル化に対する考え方、未来の法曹に関する展望、そして次世代の法曹に対するアドバイスを得ることができるでしょう。

 

グローカル化がもたらすもう一つの意味

            時がたつにつれて、グローカル化の意味も変わってくるかもしれません。グローバルに、そして地域に密着した思考をめぐらすことで、グローカル化は今日の法曹に対し地域社会やそこに住む人々への愛着を強める働きをします。「法律家は人々に対する情熱や愛を失ってはならない。なぜなら法とはすべて人のことを扱うものだからである。」私は、人は公共のために貢献すべきだと強く信じているし、それが私の人生の使命だと信じています。この考えが多くの人の支持を得られるように努力したいと思います。

 

グローバルに考え、地域のことを愛しましょう。グローカルになりましょう。

 


 

 

About Us

Home

Mission

Projects

Executive Board

Of Counsels

Members

The Causes

Contact